ワシントンワイン協会
ワシントンワイン協会
 

ワシントンワイン協会は、1987年に設立された州政府の機関で、ワシントン州におけるワイナリーとぶどう栽培者を代表し、ワシントンワインの販売拡大のためにマーケティング活動をしています。
ワシントンワイン協会-ワインの国、ワシントン州へようこそ

HOME プレスリリース プロモーション 業界概要 主な品種と特徴 主な産地 輸入会社 販売店舗 ワインの紹介 イベント for English

ワシントンワイン協会について
 

ワシントンワイン協会(Washington State Wine Commission)は、1987年に設立された州政府の機関で、ワシントン州におけるワイナリーとぶどう栽培者を代表し、ワシントンワインの販売拡大のためにマーケティング活動をしています。
日本では2002年以来日本代表をおき、試飲会やトレードミッション、ワシントンワインマンスプロモーション(レストランや小売向けのプロモーション)などの活動を行ってきました。 日本市場はワシントン州のワインにとって最も重要な海外市場で、現在約50ブランドのワシントン州ワインが日本市場で販売されています。

日本代表事務所の連絡先は下記の通りです。

 


ワシントンワイン協会 日本代表事務所

〒112-0012 東京都文京区大塚6-10-14-602
TEL: 03-6304-1787 FAX: 03-6800-2080
http://www.washingtonwine.jp
(協会本部 HP) http://www.washingtonwine.org
(アメリカ農務省海外局 HP) http://www.fas.usda.gov